株式会社電通カスタマーアクセスセンター 株式会社電通カスタマーアクセスセンター

新卒で入社後、
マネジメント職として
業務を推進するまで
間﨑 竜二

間﨑 竜二

グループ・マネジャー

プロフィール

2011年4月、電通カスタマーアクセスセンターに新卒として入社。新卒から3年目までは電通が手がける複数広告主のキャンペーンのディレクション業務に関わる。4年目以降はディレクターからアカウントプランナーとしてDCAC業務の営業ポジションに移動し、自社機能を組み合わせた課題解決型の提案活動に従事。7年目にはユニットリーダー職、10年目に現職へ。社内プロジェクト推進リーダー、ナショナルクライアントのチームリーダーとして取り組んでいる。

ナショナルクライアントのキャンペーンを支えるリーダーとして

現在、担当しているのは、どのような業務ですか?

ナショナルクライアントへの提案活動として、アナログキャンペーンのデジタル化の推進やカスタマーサポートを起点とした提案活動を行っています。また、自社の活動だけではなく電通、電通テック、電通デジタルなど複数社にわたって結成されているプロジェクトチームに参画しソリューション開発、提案活動に従事しています。

クライアントと社内の課題の両方に、真正面から取り組む

社内での役割の変化に応じて、心がけてきたことはありますか?

個人という範囲を超えて、チームメンバー全員の意識改革や業務スキルの向上につながるように心がけてきました。特にマネジメント職になってからは、クライアントの課題解決はもちろん、社内プロジェクトやメンバー管理に関する課題にも取り組む必要があり、そこにやりがいと難しさの両方を感じています。

消費者の反応を直接つかみ、プランニングに活かせる環境がある

新卒で入社を考えている方に、メッセージをお願いします。

広告から販促への重要度が高まっている傾向の中で、販促活動で重要なファクターである消費者の反応を常に見られる環境が、DCACにはあります。販促プランナーのキャリア形成にあたって、武器となるスキルを磨ける環境です。若くてやる気のあるみなさんと、ぜひ一緒に働きたいと思っています。